最新の内視鏡装置

当院では、NBIを搭載した最新の内視鏡装置を導入しております。  「画像提供:オリンパス株式会社」

NBI光を病変に照射することにより、従来の色素を用いた方法(色素内視鏡)を用いずに、早期がんの診断が可能になり、喉頭がん、下咽頭がんなど耳鼻咽喉科領域のがん(頭頚部がん)の早期発見・診断も容易となりました。

NBIとは』
NBINarrow band Imaging)とは、中心波長が415nm540nmのスペクトル幅を狭帯域化した観察光を用いることで、
粘膜表層の毛細血管や粘膜表層の微細模様が強調表示される光デジタル法による画像強調観察機能です。
2つの狭帯域化された光が、ヘモグロビンによって強く吸収され、血管と背景粘膜とのコントラストを強調。
モニター上では粘膜表層の毛細血管が茶色調に、深層血管がシアン(青緑)調に表示されます。 

私立稲美中央病院

  • 住所
    〒675-1114
    兵庫県加古郡稲美町国安1286-23
  • →交通案内はこちら
  • TEL
    (079)492-3812
  • FAX
    (079)492-3816
  • 診療科目
    消化器外科・肛門外科・外科  内科・胃腸内科・整形外科・脳神経外科・循環器内科・眼科 耳鼻咽喉科・リハビリテーション科
ページの先頭へ